私の在宅白斑治療法

┃白斑が発症した原因:遺伝

私の白斑発症の原因は祖父からの遺伝かもしれません。
父母に白斑がないですが、孫である私に白斑が発症しました。
3年前に、腕、腹のあたり、ヒザ下から白斑が出始めました。
小さい白斑で、治療を受けず、1年放置してしまって、白斑がだんだん拡大なってしまいました。
どうしても治したいと思い、遠い皮膚科でナローバンドUVB光線治療を始めました。

┃皮膚科に通い、ナローバンドUVB光線治療を受けるのは、お金と時間をかかり、面倒

治療に通うけど・・・治療費が高いし面倒
ナローバンドUVB紫外線治療法は白斑に間違いなく効果があります。
この療法は、週に2回、皮膚科に行って、ナローバンドUVB光線治療を受けられないといけません。
皮膚科の紫外線治療器デルマレイ-200で光線治療を受けました

もし、毎週2回通わないと効果はほとんど期待できません。

私は、白斑が大きくなってから、
最初、少しだけ病院に通ってみましたが、これがとっても大変、面倒でした。
毎週通わなきゃいけないっていうことで
しかも、最低で週に1回!!できれば週2、3回だと言われました。
平日に仕事があるので、正直言って、週2、3回、無理です。

私は仕事をしているし、そして残業もあります。
平日は無理です。
毎週の貴重な土日曜日に、20分ぐらいの光線治療のために、電車で往復2時間をかかり、面倒でした。

光線治療の費用は、治療1回あたりにかかる費用負担額は1020円ですが、
1ヶ月に8回、皮膚科に通って、ナローバンドを受ければ、
単純計算してみました、1ヶ月8000円として、年間10万円ぐらいかかり
プラス往復電車代700円として、年間6.7万円ぐらいかかります。
合計(光線治療費、電車代)16万円ぐらいをかかり、、さすがに高すぎ
そして貴重な時間

通院するの、すぐに嫌です。
嫌だけど、ナローバンドUVB光線治療で治したいと思って
自宅治療について調べました。

┃皮膚科と同じPhilipsナローバンドUVB蛍光ランプ搭載の照射装置を見つけました

ネットで調べ、その家庭用ナローバンドUVBを見つけ、「これだ!」と決めました。
※皮膚科に通って、さすがに仕事に支障が生じはじめ悩んでいました。

皮膚科のナローバンドUVB紫外線治療器と同じフィリップPhilips社ナローバンドUVB蛍光ランプが使用されるので、同じ治療効果だと思い、
このPhilips社ナローバンドUVB搭載の家庭用ナローバンドUVBを購入するを決意しました。

こちらの通販サイト(個人輸入)で購入しました。
>>>家庭用ナローバンドUVB個人輸入・公式サイトはこちらへ
日本語対応しているので、簡単に購入しました。

海外から個人輸入ので、注文から届くまで、4日後に無事届きました
機械価格は、59000円です。
やっと、自分の自由時間も増え、余裕も増え、皮膚科と同じナローバンドUVB光線治療が自宅でも簡単に受けられる~!!!


フィリップ(Philips)社製のナローバンドUVBランプ(型番:PL-S 9W/01/2P)が2本装着されている
フィリップ(Philips)社製の安定器が内蔵されている
製品に日本語版取扱説明書が同梱されている


この照射装置の照射エリア:14.5cm × 7.5 cm
>>>使用している家庭用ナローバンドUVB照射装置の仕様はこちら

┃家庭用ナローバンドUVB機器の治療効果

私は、1年間、自宅で家庭用ナローバンドUVB機器を使用し、白斑が9割ぐらい治しました

この家用型ナローバンドUVB器械のおかげで、白斑が拡大することがなく、9割ぐらい白斑が治るこができました。


治療前(腹の白斑)
白斑は、週に2、3回ナローバンドUVB照射しています


治療1ヵ月ぐらい白斑の毛穴から肌色の点が出てきた


治療3ヵ月に取った写真、半分以上色素生成し、色素の回復が見られている
通常で、二ヵ月ナローバンドUVB照射を続けると、白斑の中に点状の色素斑が出来てそれが徐々に拡大して島状の色素斑になります。
さらに白斑の周囲、辺縁にも色素が増強し始め徐々に周囲の肌色に馴染んできます。
これに至る期間は人にも依りますが2ヶ月~数年かかります。


治療4ヵ月の状態、8割の白斑は治ることができた

ヒザ下の白斑は、半年間治療し、高い治療効果が見れました。

ヒザ下の白斑をナローバンドUVB紫外線あてて1ヵ月後に、白斑患部の毛穴から肌色の点が出てきます。


半年間の治療効果(足の白斑は、9割以上治しました)

私が『Philips社ナローバンドUVB蛍光管搭載の家庭用ナローバンドUVB照射装置』を購入し、自宅での使いを開始してから約1年、この個人用の紫外線治療器具がなければ、
私の白斑の症状改善はありえないかもしれません。
この個人用の紫外線治療器具のおかげで、これまで何度も出始めの白斑を拡大させることなく消すことができています。

┃治療にかかる時間的負担と大きな経済的負担が相当軽減できた

この家庭用ナローバンドUVB照射装置のメリットは、病院のナローバンドUVB紫外線治療と同等な治療効果が得られ、自宅で空いている時間に光線治療を実施することが出来るということ。
そして、通院と比べ、経済的負担、時間的負担を軽減することができます。
この家庭用ナローバンドUVB照射装置のおかげで、体の白斑がほぼ完治できました。
現在、この家庭用ナローバンドUVB照射装置は、私にとって、不可欠の治療器だと思っています。
白斑は、一度治ったとしても、再び現れる可能があります。
常に,鏡で新しい白斑が出たかどうかチェックを行い、もし小さい白斑を見つけたら、すぐにナローバンドUVB当てます。
そうすると早期治療ができて、治る率が更に高くなります。

上記の私の在宅白斑治療法(経験談)を読んでいただき、
同じく白斑で悩んでいらっしゃる方のお役に立てますように